HOME > ニュース >  ホール  > 「D’station Racing」がFIA世界耐久選手権に参戦

「D’station Racing」がFIA世界耐久選手権に参戦

2021年01月20日


NEXUSグループのモータースポーツチーム「D’station Racing」は、世界最高峰の国際レース「2021年 FIA世界耐久選手権(WEC)シリーズ」および「第89回ル・マン24時間レース」へ参戦すると発表した。

同社は2013年から国内レースに関わりを持ち、自社チームとして 「D’station Racing」を立ち上げるなど、国内外の自動車産業に深い関わりを持ってきた。2017年、「SUPER GTチーム」発足時の発表会で星野チームオーナー自ら「いつか自チームでル・マン24時間へ出場したい」と述べていたが、4年越しにその夢が実現する。

使用車両は「Aston Martin Vantage GTE」。NEXUSグループが2019年からSUPERGTプログラムでパートナーシップ締結を継続する「Aston Martin Racing」が製作した車両で、2019年―20年のFIA世界耐久選手権において、マニュファクチャラーズ・タイトルとドライバーズ・タイトルを獲得している。第88回ル・マン24時間レースにおいても、GTE-Pro及びGTE-Amの両クラスで優勝を達成した実績がある。また、ドライバーラインアップはチームオーナー兼ドライバーの星野敏選手(ブロンズ)と、日本のSUPER GTで豊富な実績を誇る藤井誠暢選手(ゴールド)の起用を決定。シルバードライバーに関しては、現在複数の有力選手と契約交渉中で、2月下旬に決定する見込み。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他