HOME > ニュース > 展示発表会 > ハイライツ、パチスロ市場参入第一弾を発表

ハイライツ、パチスロ市場参入第一弾を発表

2016年10月27日


ハイライツ・エンタテインメントは10月26日、パチスロ市場参入第一弾となる新機種「シスタークエスト〜時の魔術師と悠久の姉妹〜」のプレス発表会を都内千代田区のベルサール秋葉原で開催した。

新機種は、ファンタジーRPGのゲーム性を組み込んだパチスロ機として、人気を博した同名コンテンツがモチーフ。専用筐体「マジカルジャーニー」を採用し、可動役物や美麗な液晶表現などで物語の世界観を表現した。

スペックは、ボーナスとARTが融合。主なボーナスは獲得枚数204枚の「ストーリーボーナス」と、同54枚の「錬金チャンス」だが、より出玉期待度が高いプレミアボーナス「十勇士伝説」も盛り込まれている。

ARTは純増約1.4枚で、1セット40or100ゲーム+バトル演出分継続。連チャン性は継続率とセット数で管理されるほか、セット数ストックや複数の上乗せ特化ゾーンで瞬発力を発揮する。

冒頭に挨拶した同社代表取締役社長の長谷川哲也COOは、「完成度の高い製品として発表できることを嬉しく思っている」と新機種を紹介した後、今後の開発スケジュールについて言及。「新しい会社だが、すでに2つの筐体に加え、IPも数多く保有している。多様な遊技機販売が可能で、これらは強みになる。パチスロ開発では、年間3〜4タイトルが供給できる体制を敷いている」と語るなどした。

また当日は、特別ゲストとしてタレントの手島優さんが登場し、新機種をピーアールしたほか、発表会後にはユーザーイベントを実施。新台の先行試打に加え、攻略誌のライターや声優らがイベントを盛り上げた。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言