HOME > ニュース > 組合・団体 > 中国遊商が新年互礼会を開催

中国遊商が新年互礼会を開催

2017年01月11日


中国遊商は1月10日、広島市南区のホテルグランヴィア広島で平成29年の新年互礼会を開催し、組合員や来賓として招かれた各業界団体幹部や関連企業関係者など約100人が参列。新年を祝した。

冒頭に挨拶した松原陽輔理事長は、昨年を振り返りながら、「業界全体で検定機と性能が異なる可能性のあるパチンコ遊技機の回収撤去に取り組む一年となった。そのうち中国管内では、第3次リスト掲載機が昨年末で全て撤去されたと認識している。これは、行政からの信頼を得る意義あること。依然として業界は厳しいが、このような時こそ、底力を結集して健全娯楽を目指すことが重要だ」と呼びかけた。

一方、来賓を代表して挨拶した鳥取県遊協理事長で、中国地区遊協理事長協議会の全本和由会長も一連の回収問題に言及。「身を削るような思いで取り組んできた」と思い返し、今後については、「多くの人に愛されるよう、前向きに取り組んでいきたい」と新年の抱負を語った。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




サイト内検索


Kaidou Movie Channel



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言