HOME > ニュース >  ホール  > NEXUSが新規事業としてホテル経営に参入

NEXUSが新規事業としてホテル経営に参入

2017年07月20日


「D’ステーション」の店名で多店舗展開する群馬県の大手ホール企業・NEXUS(齊藤人志取締役社長)は、今秋11月3日に、都内西新橋でホテル「NEXUS DOOR TOKYO」をグランドオープンさせると発表した。今年度から新規事業として立ち上げたホテル事業の第1号店となる。

東京タワーも徒歩圏内という立地に建設準備が進められている「NEXUS DOOR TOKYO」は、「未来への絆をつなぐ扉」をキーワードに全館を設計。同社の新規事業第1号店に相応しく、都会の隠れ家ホテルとしてスタイリッシュな空間が特徴になるという。

客室は様々なシーンに対応すべくシングルルーム、デラックスダブルルーム、ハリウッドツインルーム(シャワーブース)・2段ベッドルーム・ユニバーサルルームを用意するほか、自由な空間で交流の場としても楽しめるエントランスと一体型のクラブラウンジも設置するという。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言