HOME > ニュース > 組合・団体 > 日遊協近畿支部が総会を開催

日遊協近畿支部が総会を開催

2017年10月12日


日遊協近畿支部は10月6日、大阪市内のリーガロイヤルホテル大阪で支部総会を開催した。

総会の冒頭に挨拶した福井章支部長は、高射幸性遊技機や遊技くぎの問題など、ここ数年間で業界で起きた幾つかの出来事を挙げながら、「私はこの業界に携わって35年になるが、長い歴史のなかで業界は様々な問題に直面し、その都度難局を乗り越えてきた。今回も規則改正を含めて一昨年から続く大きな問題を乗り切り、この業界が大きく発展していくことを祈念している」と話した。続いて挨拶を行った日遊協・庄司孝輝会長は、依存症問題と規則改正に触れながら「日遊協は遊技機撤去に追われたこの2年間と、遊技機規則施行までの出来事を総括し、3年先の2020年にこの遊技産業をどのような姿にしたいかということを議論しなければならない。将来、ホールがどういった遊技機でどういった営業をしていきたいのかを一度立ち止まって、議論を交わす時期に来ているのではないか」と語り、ホール、メーカー、販社がそれぞれの立場で業界の将来的なビジョンを描く作業が必要、との考えを示した。また、来賓出席した大阪府警察本部保安課の廣瀬敬治郎課長は、規則改正の趣旨を理解し、各方面への継続した指導と取り組みを要請。認定申請については「来年2月の施行前に申請が集中することが予想されることから現在、関係団体に申請時期や事務の合理化など、各種お願いや調整等を図ってもらっているところなので、こちらについても理解と協力をお願いしたい」と呼びかけた。

支部総会では、セキュリティ対策部会の村田吉嗣部会長が近況報告として、近年におけるゴト事例を実際にあった映像を交えながら解説。遊技機をはじめ、周辺機器、各種防犯機器のセキュリティ強化を呼びかけるなかで、「こうしたセキュリティ強化に伴う情報管理や不正監視はすべて人間が行うもの。あらゆる事例を想定して、対応策は時間をかけて着実に行うべき」と述べ、講習会の実施など内部不正防止に向けた取り組みが必要との考えを示すなどした。ほかに堀内文隆専務理事による日遊協活動報告、㈱フジオフードシステム代表である藤尾政弘氏による記念講演が行われた。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言