HOME > ニュース > 組合・団体 > 全日遊連、認定機への部品供給で要望書

全日遊連、認定機への部品供給で要望書

2017年11月09日

全日遊連は11月8日付けで日工組に、また翌9日付けで日電協に対し、認定機への部品供給に関する要望書を送付した。

要望の中で全日遊連は、「認定機への部品供給について、部品の製造業者の廃業や型番の変更があったことなどを理由に、部品供給が困難となる旨を主張する遊技機メーカーが散見される」とし、風営法において認定制度が規定されている以上、「検定期間3年」と「認定期間3年」の6年間はメーカーとして部品供給を行う道義的責任があると主張。遊技機の部品在庫の保有期間については法的な縛りがなく、各メーカーの判断に委ねられていることには理解を示しつつも、ホール営業者は最長6年間、遊技機を使用できることへの対価として高額な遊技機購入代金を支払っているとした。

その上で全日遊連は、規則改正に伴う膨大な数の認定機が生じることを踏まえ、この部品供給がホール営業者にとって命綱であるとともに、業界存続のためのポイントとなるとして、傘下の組合員メーカーに対する指導を徹底するよう、両団体に強く要請している。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言