HOME > ニュース > その他 > 「ギャンブル等依存症対策基本法案」再提出

「ギャンブル等依存症対策基本法案」再提出

2017年12月04日


先の衆議院解散で廃案となっていた「ギャンブル等依存症対策基本法案」が12月1日、衆議院に再提出された。

提出者は、自民党の中谷元衆議院議員ほか5人。中身については前回提出時と同様で、国や地方公共団体による依存症対策推進に加え、関係事業者らの責務などが盛り込まれている。

また、11月30日には日本維新の会も同様の法案を参議院に提出している。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言