HOME > ニュース > セミナー勉強会 > 「新宿アラジン」の鳳企業が人間力総研の研修会

「新宿アラジン」の鳳企業が人間力総研の研修会

2018年04月09日


JR新宿駅西口で「新宿アラジン」を経営している鳳企業が4月5日、新宿区の明宝第二ビルで人間力総研による研修会を行った。同総研による研修会は昨年7月からスタートし、今回で3回目。

研修会では冒頭、人間力総研の二瓶正之代表が「企業のイノベーション」をテーマに講演。欧米の企業が実践している幾つかの取り組みを紹介しながら、永続性のある企業になるためのポイントを解説した。その後、「実践研修」として参加者24名が全員輪になってアイコンタクトのみで反応する「アイスブレーキング」を実施。意志の疎通やレスポンスの短縮によってスムーズな接客サービスを行うトレーニングを行った。また、「ブレスト&KJ法ワーク」というディスカッションでは、6人が4グループに分かれて、「成長し続ける企業の共通点」をテーマに意見交換。そこで提案された事柄やキーワードをグルーピングし、プレゼンテーション形式で発表した。長時間にわたる研修会を終えて二瓶氏は「ブレスト&KJ法ワークを通じて、できるだけ多くの意見をカテゴライズして整理していくと、今回の研修テーマであるイノベーションに必要なヒントが見えてきます。どのグループも非常にレベルが高く驚きました」と感想を述べた。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言