HOME > ニュース > メーカー > フィールズ、ミズホを通じたユニバーサルとの株主間契約を終了

フィールズ、ミズホを通じたユニバーサルとの株主間契約を終了

2018年08月17日

フィールズは8月9日、ユニバーサルエンターテインメントと、遊技機メーカーのミズホを通じて結んでいた株主間契約を、7月13日付けで終了したことを明らかにした。両社が今後の運営方針を協議した結果、ミズホを通じた遊技機関連の合弁事業を目的とした株主間契約を終了することに合意した。

契約終了に伴い、同社が保有するミズホおよび日本アミューズメント放送の全株式を譲渡する。これにより、ミズホおよび日本アミューズメント放送が同社の持分法適用関連会社でなくなる一方、第2四半期で13億4,800万円の特別利益が計上されるという。なお、同日発表された同社の第1四半期決算では、四半期純損失マイナス29億5,700万円の赤字が計上されている。

同社は2012年、ユニバーサルの100%子会社だったミズホによる第三者割当増資を引き受けることで、ミズホ株の49.75%を約10億円で取得し、ユニバーサルと株主間契約を締結。それぞれが保有する経営資源を活用しながら、新製品の企画・開発・販売などで協力体制を敷く方針を掲げていた。これまでに、ミズホ製の遊技機は、パチンコ約5万台、パチスロ約5万8,000台がフィールズ総発として販売されている。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言