HOME > ニュース > 組合・団体 > 回胴遊商が「幼児車内放置ゼロ」目指し、今年も巡回活動を実施

回胴遊商が「幼児車内放置ゼロ」目指し、今年も巡回活動を実施

2019年05月14日


回胴遊商はこのほど、「幼児車内放置ゼロ」を目指し、5月1日から10月末日までの6か月間を強化月間と位置づけ、取引先ホールなど訪問した際に、幼児が車内に放置されていないかどうか、駐車場を見回る活動を実施することを決めた。同活動は、平成17年から実施されており今年で15年目となる。

さらに、猛暑が予想される7月1日から8月末日までの2カ月間を特別強化月間とし、この期間中は、駐車場に到着したときと、帰るときの両方で、必ず場内を一巡するようにする。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言