HOME > ニュース > 展示発表会 > サミーが「あの花」をパチンコ化、高継続の1種2種タイプでリリース

サミーが「あの花」をパチンコ化、高継続の1種2種タイプでリリース

2019年05月29日


サミーは5月28日、人気アニメをモチーフにしたパチンコ機の新機種「Pあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」の内覧会を都内のショールームで開催した。

6段階設定を搭載した1種2種タイプとなる新機種の大当り確率は、約1/231.6〜約1/153.3(右打ち時約1/7.45〜約1/7.33)、時短突入率はヘソ、電チューともに100%で、時短継続回数が1回もしくは7回という仕様だ。

大当り出玉は10R(約1,100個)または4R(約440個)、電チュー大当り時の75%で10R出玉が獲得可能。保留分を加えたRUSH継続率は約80%となっている。

通常時にポイントとなるゲーム性は、大当りとRUSH直撃が期待できるチャンスゾーン「あのはなちゃんす」の存在だ。ロング開放される電チューにチャージが行われ、物語の世界観とリンクした演出が発生することでチャンスが拡大。RUSH突入率は約44%となっている。

ホール導入予定は8月上旬から。





ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言