HOME > ニュース > 事件・事故 > 「エヴァ」開発1億1千万円脱税(東京)

「エヴァ」開発1億1千万円脱税(東京)

2009年06月23日

パチスロ機のヒット機種「新世紀エヴァンゲリオン」のプログラム開発などで得た法人所得約3億9000万円を隠し、約1億1000万円を脱税したとして、神奈川県川崎市のソフトウエア開発会社と社長が法人税法違反の疑いで横浜地検に告発されたことが判明した。同社は「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズの一部機種のプログラム開発を担当しており、架空のソフト開発業務を委託した形にして経費を水増しし所得を圧縮、08年3月期の所得を隠した疑いが持たれている。(6月16日、読売新聞)



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言