HOME > ニュース >  ホール  > ダイナム、RPA導入で年間4,884時間の業務を効率化

ダイナム、RPA導入で年間4,884時間の業務を効率化

2019年08月27日

ホール経営大手のダイナムは8月22日、株式会社DTS社との協業で、2018年に導入したRPA(Robotic Process Automation)によって、年間4,884時間の業務効率化を実現したと発表した。

同社は昨年から、業務の効率化や業務ミスなどのリスク低減を目標にRPAの導入を推進。ダイナム本部に所属する7部門と、グループ会社に所属する2部門の合計9部門においてオートメーション化を実現した。社外取引先にロボット作成を委託するBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)と、社内担当者が専門教育を受け、自らロボットを作成する内製化対応とを合わせて、営業データの抽出及び加工作業や、店舗修繕計画、メンテナンス、工事実績等の集計など業務の自動作業に置き換えた。同社では今後もRPAを積極的に推進していくなかで、導入部門の拡大や専門チームの組成などを検討していく方針で、「さらなる生産性の向上につなげていきたい」としている。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言