HOME > ニュース > 新機種発表 > 大一がパチンコ新台、右打ち中のゲーム性を選択できる次世代型混合機を発表

大一がパチンコ新台、右打ち中のゲーム性を選択できる次世代型混合機を発表

2019年10月02日


大一商会はこのほど、高い認知性を有する人気コンテンツをモチーフにしたパチンコ機の最新作「P忍者ハットリくん〜決戦!サイバーからくり城の巻〜」をリリースした。 5年ぶりのシリーズ最新作となる新機種はミドルスペックの1種2種混合タイプ。プレイヤーが任意で右打ち中のモードを選択できるゲーム性が大きな特徴だ。 モードは、継続性を重視した「疾走モード」と、出玉感を重視した「懲悪モード」の2つ。疾走モードは、継続率約76%、出玉約1,000個が獲得できる一方、懲悪モードでは継続率が約57%となるが、実質出玉約2,000個+αが期待できる。大当り確率は、1/319.7(右打ち中図柄揃い確率1/5.3)で、電サポ回数は1回または99回となっている。 横スクロール、5ラインが採用された演出面では、中高年層をメインターゲットに、老若男女幅広い層に対応するため、シンプルさを追求。また、初当りは必ず約1,000個の出玉が獲得可能という分かりやすさも特色の一つだ。 ホール導入予定は11月5日からとなっている。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言