HOME > ニュース > メーカー > 高尾がパチンコ一騎当千の最新作を発表、1種2種タイプで最大継続率は約90%

高尾がパチンコ一騎当千の最新作を発表、1種2種タイプで最大継続率は約90%

2019年10月29日


高尾は10月28日、都内上野の同社東京支店ショールームで人気タイトル最新作となるパチンコ機の新機種「一騎当千SS斬 孫策Ver.」のプレス向け説明会を開催した。

1種2種混合のミドルタイプとなる新機種は、付随する時短回数によってRUSH継続率が変動する仕様が特徴。RUSH突入率は100%で、初回こそトータル約55%継続となっているが、右打ちでの大当り時は、1対1の割合で、約90%もしくは約70%継続に振り分けられる仕組みだ。

大当り確率は、1/319.6(特図2は1/46.0)、電サポ回数は31回または51回、100回のいずれかとなる。出玉は、560個、1,270個、1,400の3種類。このうち、右打ち中大当り時の出玉はすべて約1,270個以上が獲得できるスペックになっている。

ホール導入予定は12月中旬から。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言