HOME > ニュース >  ホール  > 安田屋、マスク3万1,000枚を医療機関に寄付

安田屋、マスク3万1,000枚を医療機関に寄付

2020年05月01日

関東圏を中心に27店舗をチェーン展開する安田屋(東京都板橋区)は4月27日と28日、新型コロナウイルス対策支援として、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の医療機関にマスク3万1,000枚を寄付した。マスクは各自治体を通じて医療現場に届けられることになっている。

寄付されたサージカルマスクの内訳は、27日に東京都へ1万枚と埼玉県に7,000枚、28日には千葉県に7,000枚と神奈川県へ7,000枚。同社は4月8日以降、新型コロナウイルス感染拡大防止で国や各自治体から緊急事態宣言が発出されたのに伴い、全店舗で臨時休業しており、災害備蓄用や営業用に購入していたマスクに余力ができたため医療機関に寄付することにした。

同社では「都内をはじめ関東圏は特に感染者が多く、医療体制の崩壊が危ぶまれている状況にあると承知している。医療従事者の安全確保や安全な医療体制の構築に少しでもお役に立てればと思い、今回の寄付を決めた」としている。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言