HOME > ニュース > 組合・団体 > 「21世紀会誓約書」 非組合店舗含め98%が提出

「21世紀会誓約書」 非組合店舗含め98%が提出

2020年07月31日

全日遊連は7月30日、各都府県方面遊協に対し、改正遊技機規則の経過措置延長に伴ってパチンコ・パチスロ産業21世紀会で行った「旧規則機の取扱い」に関する決議内容の誓約書の提出状況を報告した。

それによると、7月30日現在における誓約書の提出率は、組合員店舗で98.3%、非組合員店舗で94.6%で、全体で98.0%だった。非組合員店舗を含めてすべての店舗が誓約書を提出したところは51組合中27組合。提出率そのものは100%にはなっていないが、休業店を除く全店舗が提出したところもある。

全日遊連では、都道府県別の提出率一覧表を組合員専用ホームページに掲載。自組合で把握している提出状況と差異がないかの確認と組合員店舗への提出状況の周知を求めるとともに、未提出店舗への提出要請を行う際に活用するよう促している。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言