HOME > ニュース > 新機種発表 > パチスロ南国育ちシリーズ最新作は、1G連を搭載した純増約6.2枚のAT機

パチスロ南国育ちシリーズ最新作は、1G連を搭載した純増約6.2枚のAT機

2020年10月06日


平和はこのほど、人気シリーズ最新作となる沖縄仕様パチスロ機の新台「南国育ち-30」(アムテックス製)をリリースした。

お馴染みの告知演出を搭載した新機種は、4リールが特徴的な純増約6.2枚のAT機。ATのラスト8G以内にバタフライランプが点灯することで1ゲーム連という、これまでのシリーズ機で好評を博したゲーム性が継承されている。

プレミア的な「ENDING BONUS」除く、基本的なATは、40ゲーム継続するBC(BIG CHANCE)と20ゲーム継続のRC(REGULAR CHANCE)の2通り。初当り確率は1/354.7(設定1)〜1/298.6(同)となっている。

ホール導入予定日は来年1月から。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言