HOME > ニュース > 新機種発表 > SANKYO、遊タイム搭載のパチンコ花月に甘デジバージョンを追加

SANKYO、遊タイム搭載のパチンコ花月に甘デジバージョンを追加

2020年11月06日


SANKYOはこのほど、業界初の遊タイム搭載機として今春リリースされた同名タイトルの甘デジバージョンとなる新台「PAフィーバー真花月2 Light Ver.」を発表した。

新機種は、大当り確率1/99.9(高確率1/12.2)のST機。確変突入率は100%で、ST継続は8回となっている。ST8回分を含む電サポは40回または257回。継続率は約65%となる。

遊タイムは、低確率250回消化で発動し、時短379回が付随。より遊タイムのゲーム性が体感しやすくなっている。大当り時は、500個もしくは1,000個の出玉が獲得可能だ。

ホール導入予定日は来年2月8日から。

©SANKYO



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言