HOME > ニュース > 組合・団体 > 京遊協、昨年に引き続き景品持ち帰り推進運動をスタート

京遊協、昨年に引き続き景品持ち帰り推進運動をスタート

2016年12月27日


京都府遊協は昨年に引き続き、12月17日から組合加盟180店舗が参加する「景品持ち帰り推進運動」をスタートさせた。期間は1月22日までの5週間。偏りのない賞品の持ち帰りを促進することが目的だ。店舗では賞品を手に取りやすいようなディスプレイを施したほか、のぼりを設置するなどして店舗を訪れる来店客に告知を行っている。

同組合では、「お客様に手軽で安く遊技を楽しんでいただき、遊技の結果、賞品を選ぶ楽しみも提供できるよう、長年業界として賞品取り揃えの充実に取り組んできた。しかし、お客様が偏ることなく賞品の持ち帰りを促進するためには、お客様に関心をもっていただくためのさらなる取り組みが必要」との考えから、クリスマスやお正月など季節感のある賞品が出やすい年末から年始にかけてオリジナル賞品を制作。京都府遊技業景品納入業者会(遊景会)の協力で、中身が見えるお菓子セットとおつまみセットの2種類(1袋1,000円)を用意した。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言