HOME > ニュース > 組合・団体 > 「ぱちんこ広告協議会」が設立

「ぱちんこ広告協議会」が設立

2017年03月10日

ぱちんこ広告協議会は3月10日、パチンコ業界における広告・宣伝における基準の明確化などを図り、その適正化に取り組むことを目的に昨年5月に設立、同年12月5日に一般社団法人として登録したことを報告した。

プレスリリースで協議会は、設立趣旨として「ぱちんこ業界の諸問題に積極的に関わりを持ち、広告に関して対応及び意義を浸透させる」「ファンとぱちんこ業界をつなぐパイプとして、ファン拡大に寄与する」「広告論理の理解向上と広告の信頼性の向上を目指す」といった3つの柱を掲げ、業界の健全な発展やファン拡大に尽力していきたいとしている。

会員企業は16社で、理事企業となるのはアウリス、アーバンプロジェクト、いなばNEXUS、ガイドワークス、ゲンダイエージェンシー、サイバーネット、サミーネットワークス、ダイコク電機、辰巳出版、DMM.com、プラントピア。理事長には、ゲンダイエージェンシー営業企画開発部長の大島克俊氏が就いたほか、副理事長にはガイドワークス代表取締役の松丸仁氏、さらには相談役としてジャパンネットワークシステム最高顧問の篠原弘志氏が就任した。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言