HOME > ニュース >  ホール  > マルハンがダイバーシティ店舗の効果を発表

マルハンがダイバーシティ店舗の効果を発表

2017年05月12日


ホール企業最大手のマルハンは、「マルハン茨島店」(秋田)において、アルバイトを希望する女性が前年度比1.6倍になったとリリースした。「茨島店」は昨年9月、女性社員比率を40%に高めて同社初の「ダイバーシティ店舗」として再生したホールで、同社が取り組んでいる「女性活躍推進」のモデルにもなっている店舗。

マルハンでは、かねてより意図的な人事異動によって女性役職者(店長またはマネージャー)を2名以上、女性社員比率が40%以上の「ダイバーシティ店舗」を展開。女性社員の主体的な行動を促すとともに、これまでになかった営業施策の提案や価値の創造を見込んでいる。

「茨島店」のほか、今年1月には「袖師店」(静岡)、4月には「昭島店」(東京)「寒河店」(山形)がダイバーシティ店舗に生まれ変わっており、今後は関東圏、関西圏でも「ダイバーシティ店舗」の展開を予定している。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言