HOME > ニュース >  ホール  > ダイナム、全404店舗に自己申告プラグラムを導入

ダイナム、全404店舗に自己申告プラグラムを導入

2017年07月05日

ホール企業大手のダイナムは、パチンコ・パチスロ依存(のめり込み)問題への対応として、7月3日から経営全404店舗で自己申告プログラムを導入したと発表した。6月から61店舗で先行導入していた結果を踏まえ、今回の一斉導入に踏み切った。

自己申告プラグラムの導入について同社では「お客様がパチンコ、パチスロにのめり込むことを未然に防ぐ効果があると考えています。全店での導入により、お客様が最適な楽しみ方をできるよう、一人ひとりをサポートしていきます」とコメント。今後も依存問題に真摯に向き合い、自主的かつ積極的に様々な取り組みを行っていく、としている。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言