HOME > ニュース > その他 > RSNが業界関係者対象に「安心娯楽通信」発行

RSNが業界関係者対象に「安心娯楽通信」発行

2017年07月20日


パチンコ依存問題の相談機関、リカバリーサポート・ネットワーク(RSN/西村直之代表)は、6月22日付けでニューズレター「パチンコ・パチスロ 安心娯楽通信」を創刊した。

RSNでは、10年前から主な読者対象を福祉分野の関係者と想定したニューズレター「さくら通信」を毎月発行しているが、今回創刊した「安心娯楽通信」の対象はパチンコ業界関係者。発刊にあたってRSNでは、同紙が媒体となって一連の問題に対する業界の理解が進み、医療や福祉分野との良好な協働関係が構築されることを期待しているとしている。

創刊号では、現在、全日遊連が中心となって進めている「安心パチンコ・パチスロアドバイザー」制度の意義や背景に触れたほか、パチンコ依存問題そのものについて解説する連続講座の第1回目で、今の依存問題対策には政治的要請と社会的要請があることを分かりやすく説明している。

「安心娯楽通信」は毎月発行。創刊号はRSNのホームページからダウンロードできる。 http://rsn-sakura.jp/



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言