HOME > ニュース >  企 業  > エース電研が「省力化」テーマに関西支社でセミナーと展示会

エース電研が「省力化」テーマに関西支社でセミナーと展示会

2018年05月24日


エース電研は5月16日と17日の2日間、同社関西支社で無料セミナーと展示会を開催した。ホール営業における今後の省力化のあり方をテーマにしたセミナー内容と製品を揃えた会場には、関西支社商圏の同社顧客40法人超が来場した。

セミナーでは、エンビズ総研の中辻寿夫チーフコンサルタントが、「規則改正経過措置期間のM&A最前線」「ホール経営の省エネ・省人化」と題し、二部構成でホール経営層やマネジメント層に訴求する内容を講演。一方の展示会では、セミナーのキーワードである「省力化」のテーマに沿った同社製品や協賛メーカーの製品を展示した。

なかでも来場者の注目を集めたのは、空気の力で紙幣を運ぶ紙幣搬送装置「ビルストリーム」の発展形となる新しい集合搬送装置。これまでの島内搬送にとどまらず、島外にも搬送できることなど、最小数の金庫に集約するシステム構成で紙幣回収作業の省力化とセキュリティ向上に貢献する。

また、集中代表ランプシステムは島端代表ランプとの無線連動で呼び出しコースを即座に視認できることから、従業員不足に伴う呼び出し対応の遅延解消に寄与する。協賛メーカー各社も、メダル自動補給・回収システム、メダル各台計数機、台取り付け金具、傾斜装置など、省力化のコンセプトに沿った協賛展示を行った。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言