HOME > ニュース > その他 > 厚労省が喫煙可能な場所の技術的基準でパブコメ開始

厚労省が喫煙可能な場所の技術的基準でパブコメ開始

2018年12月26日


厚生労働省は12月21日、健康増進法施行令等の改正に向けたパブリックコメントを開始した。7月に公布された「健康増進法の一部を改正する法律」で政省令に委任している事項の規定などを改正する。

省令案では、遊技場を含む第二種施設における喫煙専用室等のたばこの煙の流出防止に関する技術的基準として、出入口で室外から室内に流入する空気の気流が0.2m毎秒以上であることや、蒸気を含むたばこの煙が室内から室外に流出しないよう、壁、天井等によって区画されていること、たばこの煙が屋外又は外部に排気されていることなどを定める方針。飲食や遊技が可能な「指定たばこ専用喫煙室」にも同様の基準を設ける。

施設内が複数階に分かれている場合では、これらの基準に代えて、壁、天井等で区画した上で、喫煙階と禁煙階を分ける取扱いも可能とする。また、客、従業員ともに20歳未満が立ち入れない喫煙が可能な部分には、喫煙可能な場所である旨の掲示を義務づける。

パブリックコメントの受付締切は2019年1月19日まで。新聞報道などによると、年度内に省令を定める。改正健康増進法は2020年4月1日に全面施行される。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言