HOME > ニュース > 組合・団体 > パチスロ適合率が2カ月連続で悪化、再び10%台に突入

パチスロ適合率が2カ月連続で悪化、再び10%台に突入

2019年10月04日


保通協が10月1日に発表した令和元年9月の型式試験状況によれば、パチスロ機の適合率は前月比3.1ポイント減となる約19.4%と、5カ月ぶりの10%台へと落ち込んだ。

一方、パチンコ機の適合率は、前月比4.1ポイント減の約46.5%と微減している。また、6月に持ち込まれたじやん球1型式が不適合となっている。

なお、令和元年9月の型式試験状況は以下の通り。
◯パチンコ 受理件数73件、結果書交付71件、適合33件、不適合38件
◯回胴 受理件数80件、結果書交付67件、適合13件、不適合54件
◯じやん球 結果書交付1件、不適合1件



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言