HOME > ニュース >  ホール  > アサヒディード、「機種紹介シート」活用でサービス向上はかる

アサヒディード、「機種紹介シート」活用でサービス向上はかる

2019年10月26日


アサヒディードは、店舗スタッフが来店客に対して遊技台の説明を詳しく行えるように、商品管理担当による指導研修を行っていると発表した。年々複雑になっていく遊技機のスペックや特性を店舗スタッフが来店客に分かりやすく説明できるためのスキルアップが目的。

研修会では、遊技台のスペックを「暗記して口頭でのご案内」という今までの方法をやめ、「機種紹介シート」を社内で作成。新台のスペックを暗記しなくても、その場でシートを見ながら来店客に案内できるサービスを徹底させている。遊技台の面白さをその場で分かりやすく伝えるこのサービスに対して来店客からは「こんな案内をされたのは初めて」「好きなスペックに似た機種なら打ってみたい」との声が寄せられているという。

「機種紹介シート」は今年7月に「イルサローネ藤井寺店」「同泉佐野店」で活用されて以降、現在6店舗で運用されており、同社では今後、全店での運用を目指しているという。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言