HOME > ニュース > 展示発表会 > ユニバーサルがパチスロバジ絆の後継機発表、基本的なゲームフローは前作を継承

ユニバーサルがパチスロバジ絆の後継機発表、基本的なゲームフローは前作を継承

2019年12月19日


ユニバーサルエンターテインメントは12月19日、ヒットタイトル後継機となるパチスロ機の新機種「SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜絆2」(ミズホ製)を都内の同社本社で記者発表した。

前作のゲーム性を継承したという新機種は、純増約2.9枚のAT機。チャンスゾーンとなる「バジリスクチャンス(BC)」から、AT「バジリスクタイム(BT)」を目指すという基本的なゲームフローは前作同様だ。

セット数管理されたBTは、1セット約40ゲーム継続。「絆玉」と名付けられたポイントを獲得するゾーン「追想の刻」と、お馴染みのミニキャラバトルが繰り広げられる「争忍刻」で構成され、この絆玉を獲得するほど、BT継続の期待が高まるというゲーム性になっている。

ホール導入予定は2月17日から。





ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言