HOME > ニュース > 新機種発表 > SANKYOがパチンコフィーバークイーンの新作発表、遊タイム搭載の甘デジST機

SANKYOがパチンコフィーバークイーンの新作発表、遊タイム搭載の甘デジST機

2020年07月28日


SANKYOはこのほど、初代から27周年を迎える人気シリーズ9作目となるパチンコ機の新台「PフィーバークィーンⅡ」(=写真)をリリースした。

ドラムユニットを用いたお馴染みのドラム演出に加え、新たな演出も多数搭載。プレイヤー自ら演出モードを選択できる機能も装備した。

スペックは、甘デジ仕様のST機で「遊タイム」を搭載。大当り確率は1/99.9(高確率1/12.0)、確変突入率は100%、ST継続は8回転となっている。ST8回転を含む電サポは、100回もしくは40回、トータル継続率は最大約66.5%だ。

遊タイムの発動条件は、低確率292回消化で時短100回が発動、遊タイム中の大当り期待度は約63%となる。出玉は、416個または1,040個が獲得可能だ。

また同機には、PB機バージョンとなる「PフィーバークィーンⅡごらくver.」もラインナップ。同機は、甘デジ仕様のST機で、6段階設定を搭載。大当り確率は1/99.9〜1/88.8(高確率1/12.0〜1/10.7)となっている。

ホール導入予定日は両機ともに10月5日から。





ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言